ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウジングをユーザ自身で拡張できるのがユーザスクリプトです。任意のWebサイトで特定のコンテンツを非表示にしたり、機能を追加したりできます。筆者も色々なWebサイトで使っています。

そんなユーザスクリプトを管理するのに使われる機能拡張がViolentmonkeyになります。類似のソフトウェアは幾つかありますが、その最新版と言えるでしょう。

Violentmonkeyの使い方

ユーザスクリプトを開くと自動的にViolentmonkeyが表示されます。

そして対象になりますWebサイトを表示するとアイコンにバッジが表示されます。

インストールしているユーザスクリプト一覧。

スクリプトの設定。

Violentmonkeyはこれまでのユーザスクリプトが使えるのに加えて、WebExtensions APIに対応しているのがポイントです。WebExtensions APIはFirefoxはもちろんChromium系Webブラウザでも提供されるオープンな仕様になります。これまでのユーザスクリプトはWebブラウザごとの独自拡張があったので、仕様として定まっているのは便利でしょう。

ViolentmonkeyはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Get Violentmonkey - Violentmonkey

violentmonkey/violentmonkey: Violentmonkey provides userscripts support for browsers. It works on browsers with WebExtensions support.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2