ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

macOSにはSpacesという仮想デスクトップ機能が標準で提供されています。開発用やWebブラウジング用など、用途を分けて仮想デスクトップを使っている人も多いでしょう。

そんな仮想デスクトップ環境を可視化し、切り替えをスムーズにできるようにするのがSpacemanです。

Spacemanの使い方

画面上部に四角い枠で表示されているのがSpacemanです。

Spacesの設定で枠を追加すれば、メニューバー上の数も変わります。

数字付きに変更。

設定画面です。

Spacemanは仮想デスクトップの数を設定できるように見えますが、今のところできないようです。また、筆者環境では一番左、1つ目の仮想デスクトップに移動することができませんでした。

SpacemanはmacOS用、Objective-C製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Jaysce/Spaceman: A macOS app to view Spaces / Virtual Desktops in the menu barn

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2