ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スポーツなどで使われるエアホーン。コロナ禍とあって利用が禁止されている場合も多いようですが、サッカーや野球などで使ったことがある人も多いのではないでしょうか。スポーツが盛り上がる、楽しいツールです。

そんなエアホーンをWebベースで再現したのがAir hornです。技術的な実験的ソフトウェアになります。

Air hornの使い方

Webサイトです。中央にあるエアホーンをクリックすると音(あのエアホーンの)が流れます。

PWAなのでインストールできます。

インストールしても同様に音を鳴らせます。

Air hornはオフラインでもWeb Audio APIを使って音を鳴らすという実験になります。Google Chrome Labsの一環になります。PWAによってWebアプリケーションの領域が広がっていますが、音についてもサポートされているのが分かるでしょう。

Air hornはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

GoogleChromeLabs/airhorn: Air horn

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2