ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

パックマンといえばGoogleが作成した際、世界中の人たちの生産時間を奪い去ったとして有名です。シンプルなだけにハマりやすく、熱中する人が多いゲームとなっています。自分でもパックマンのようなゲームを作ってみたいと考える人たちは大勢います。

その際、まず必要になるのがゲーム画面です。今回はパックマンの画面を自動生成できるPac-Man Maze Generationを紹介します。

Pac-Man Maze Generationの使い方

実際に生成される迷路の例です。

クリックする度に迷路は変わります。

Pac-Man Maze Generationを使えばパックマン風の迷路を自動で生成できます。大きさは28x31のタイルとなっています。行き止まりはない仕組みで、左右が通り抜けられるトンネルが1つまたは2つ作成されます。迷路を生成するソフトウェアはたくさんありますが、パックマンに特化した迷路を作るという点が目新しいです。

Pac-Man Maze GenerationはJavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Pac-Man Maze Generation

shaunlebron/pacman-mazegen: researching solutions for generating Pac-Man mazes

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2