ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

mmhmmを使ったことがあるでしょうか。仮想カメラとして動作するソフトウェアで、Webカメラの映像や画面共有を取り込んでプレゼンテーションできるソフトウェアです。Evernoteの元CEOが開発していることで話題になっています。

そんなmmhmmをWebカメラとしてでなく、画面共有で使いたいと言うニーズに応えるのがVCam Window for mmhmmです。

VCam Window for mmhmmの使い方

簡単にいえば、Webカメラ(仮想カメラ含む)の映像を表示してくれるウィンドウです。余計な情報がないので、そのまま画面共有できます。

動画チャットソフトウェアで画面共有を行う際に色々トラブるのはよくあることで、mmhmmを使うことでそれを避けられます。しかし、動画チャットによっては特定の人だけを最大化表示できないといった問題もあるでしょう。そうした時にVCam Window for mmhmmが使えるはずです(特にTeamsがそうなようです)。

VCam Window for mmhmmはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

kkosuge/vcam-window: A frameless virtual camera viewer

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2