ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトによって最適なブラウザがあります。極端な例でいえば、ActiveXが使われていてInternet Explorerでないと動かないといったWebサイトです。Webサイトごとにブラウザを切り替えてアクセスし直すのは面倒です。

そこで使ってみたいのがFinickyです。あらかじめ定義した設定に従って、自動的に表示するブラウザを切り替えてくれます。

Finickyの使い方

設定ファイルはたとえば次のようになります。だいたい意味は分かるでしょう。

module.exports = {
  defaultBrowser: "Google Chrome",
  rewrite: [
    {
      // Redirect all urls to use https
      match: ({ url }) => url.protocol === "http",
      url: { protocol: "https" }
    }
  ],
  handlers: [
    {
      // Open apple.com and example.org urls in Safari
      match: ["apple.com*", "example.org*"],
      browser: "Safari"
    },
    {
      // Open any url that includes the string "workplace" in Firefox
      match: /workplace/,
      browser: "Firefox"
    },
    {
        match: [
        "google.com*", // match google.com urls
        finicky.matchDomains(/.*\.google.com/) // use helper function to match on domain only
      ],
      browser: "Google Chrome"
    }
  ]
};

標準のブラウザはFinickyに設定します。

後は普通にブラウジングしているだけで、設定にマッチするURLであれば別なブラウザが立ち上がります。ブラウザの切り替えを余儀なくされている方は試してみてください。

johnste/finicky: A macOS app for customizing which browser to start

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2