ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ZoomやGoogle Meetなどを使ってオンラインでミーティングを行うことが増えてきました。会社によっては顔を見せないのを基本としているところもありますが、多くの場合は対面としてお互い安心感が得られるようにするようです。

そんな中、場の雰囲気を和ませたいならば使ってみたいのがAvatarifyです。機械学習を使って顔の動きで写真を動かします。

Avatarifyの使い方

アインシュタインの写真と同期させます。

目が動いています。

口も追従します。後はこれをWebカメラのリソースにするだけです(CamTwist推奨となっています)。

このデモでは、Zoomのミーティングにイーロンマスクとして登場します。会議がたいくつでね、だって。

Avatarifyは好きな顔写真を使って、機械学習を使って顔の動きを連携します。イーロンマスクやアインシュタインだけでなく、モナリザやジョブズなどもサンプルに入っています。あまりこの手の技術が進むと、本物かどうかも分からなくなりそうですね。

AvatarifyはPython製のオープンソース・ソフトウェア(Creative Commons)です。

alievk/avatarify: Avatars for Zoom and Skype

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2