ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ビジュアルプログラミング環境が注目されています。例えばNode-Redはビジネスレベルでも使われていますし、プログラミング教育の文脈の中でも様々な環境が利用されています。

今回紹介するLiteGraphもそんなビジュアルプログラミング環境といえるソフトウェアです。様々なノードを連結し、情報をリミックスできます。

LiteGraphの使い方

デモです。グルーピングしたり、複数の入力ソースを変換できます。

さらに複雑なデモもあります。

タイマーを使って定期的に実行もできます。

実行モードにするとノードの線が消えます。

さらに複雑なデモです。ちゃんと音楽を奏でます。

LiteGraphは入力ソースの多彩さに加えて、それらのノードが順に実行される様子が可視化されます。アイディア次第で様々なビジュアルプログラミング環境になることでしょう。

LiteGraphはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

LiteGraph

jagenjo/litegraph.js: A graph node engine and editor written in Javascript similar to PD or UDK Blueprints, comes with its own editor in HTML5 Canvas2D. The engine can run client side or server side using Node. It allows to export graphs as JSONs to be included in applications independently.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2