ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Windowsアプリでクリップボードを操作するのはAPIを使わないといけないので、面倒な印象があります。適切な文字列をクリップボードに送信したり、逆に受け取った文字列で処理を判断できればとても便利なはずです。

そこで使ってみたいのがwin32yankです。プログラムを実行できればクリップボードの読み書きが自在にできます。

win32yankの使い方

クリップボードに書き込みます。標準出力を渡すだけです。

>echo "Hello" | win32yank.exe -i

逆に取り出す場合は

-o
を付けて実行します。

>win32yank.exe -o
"Hello"

win32yankはとても簡単なコマンドでクリップボードを読み書きできます。自作のアプリケーションに内包したり、一緒に配布すればクリップボード操作がとても簡単になるでしょう。ちょっとしたスクリプトの結果を送ったりするのも便利そうです。個人的には公開鍵の内容を出力してクリップボードにコピーするのが便利そうな気がします。

win32yankはRust製のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

equalsraf/win32yank: Windows clipboard tool

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2