ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スマートフォンが隆盛になるのに合わせて注目が集まっているのが位置情報です。位置情報を使ったサービスは実に多いですが、あの数字だけのデータは使い勝手が良いとは言えません。

そんな現状を改善しようと取り組んでいるのがWhatFreeWordsです。位置情報をたった三つの単語に置き換えます。

WhatFreeWordsの使い方

例えば東京タワー(35.658567,139.745438)の位置情報は

fans.helpless.collects
になります。これはいわばハッシュのようなもので、すぐ近くの場所であっても全く異なる文字列になります。ハッシュとはいっても可逆で使えますので、
fans.helpless.collects
を位置情報に戻すこともできます。

WhatFreeWordsはWeb APIサーバも公開しており、各種プログラミング言語向けにライブラリも開発されています。WhatFreeWordsを使うことで、位置情報が分かりやすく、少なくとも覚えやすくなるでしょう。

WhatFreeWordsはGo/JavaScript/Python/Rust製のオープンソース・ソフトウェア(Creative Commons)です。

WhatFreeWords

WhatFreeWords Demo

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2