ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

世の中には様々なグラフ、チャートがあります。その一つとしてファイナンス系があります。FXや株などで表示されるグラフは特殊で、さらにデータをリアルタイムに処理するのが重要です。

今回紹介するTradingViewはまさにそういった用途で使われるグラフライブラリになります。

TradingViewの使い方

ローソクチャートやフォント、価格のカスタマイズなど。

透かしやキャプションを入れたり、テーマも設定できます。

グラフの幅に自動的に調整したり、ツールチップの表示だけでも様々な方法が選択できます。

移動ボタンや範囲スイッチャー、複数のグラフを同時に載せることもできます。

下に小さなグラフを載せたり、メモリを左側に載せる、縦軸を対数グラフにすることも。

かなりこだわった表示が実現できるのが分かるでしょう。

マウス操作もできます。

TradingViewはトレーディング系で用いられるグラフとして、かなり優秀です。さらにいくつかのグラフを足した有料版もあります。利用する場面を選びますが、ぴったりな場面は多そうです。覚えておくと便利です。

TradingViewはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

TradingView無料チャートライブラリ

tradingview/lightweight-charts: Financial lightweight charts built with HTML5 canvas

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2