ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Dockerで開発する機械が増えていますが、イメージファイルの肥大化に伴ってストレージが逼迫したりします。コンテナなので仮想環境を用意するのに比べればサイズが小さく済んでいるはずですが、それでもイメージの数が増えれば問題です。

そこで使ってみたいのがslimです。Dockerfileが使えて小さな仮想環境を作れるソフトウェアです。

slimの使い方

slimはDockerfileをそのままビルドできます。そして、イメージ一覧で作成したイメージを確認できます。

$ slim images
┌──────────────────┬────────────┬───────────────────────────────────┬──────────────┐
│     (index)      │    size    │            description            │  providers   │
├──────────────────┼────────────┼───────────────────────────────────┼──────────────┤
│ alpine3.8-simple │ '24.89 MB' │ 'A basic alpine server with ssh.' │ 'virtualbox' │
└──────────────────┴────────────┴───────────────────────────────────┴──────────────┘

仮想環境としてVirtualbox、KVMそしてhyperkit(macOSのみ)が利用できます。共有フォルダはあるので、母艦側のファイルを共有できます。また、SSHを解放することでネットワーク接続もできるようです。機能はまだまだ多くありませんが、サイズが小さいのは良いことです。

slimはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

ottomatica/slim: Build and run tiny vms from Dockerfiles. Small and sleek.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2