ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GraphQLはREST APIが抱えた問題を解決するAPIとして注目を集めています。開発者にとって便利なのが、スキーマが公開されていることでクエリの設計時に参照することができる点です。さらに必要なフィールドを増減できるので、API側を拡張する必要がありません。

そんなGraphQLを試し、設計するためのIDEがGraphQL Playgroundです。

GraphQL Playgroundの使い方

左側にエディタ、右に実行結果が表示されます。

フィールドを追加すれば結果も変更されます。

スキーマの確認もできます。

入力時には補完も行われます。

GraphQLの開発時には必須のソフトウェアと言えるでしょう。Web版だけでなく、デスクトップ版も用意されていますので、社内開発でも使いやすいです。GraphQLを試し、予定通り動けば組み込むというフローが素早く回せるようになるでしょう。

GraphQL PlaygroundはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

GraphQL Playground

prisma/graphql-playground: ? GraphQL IDE for better development workflows (GraphQL Subscriptions, interactive docs & collaboration)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2