ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MacBookやMacBook Proで採用されているバタフライ構造のキーボードは一回しか入力していないのに複数回入力されてしまうことがあります。2016年のMacBook Proなどは修正プログラムが出ていますが、最近のMacBookなどでも発生しているようです。

そんな状態で困っている人に使ってみて欲しいのがUnshakyです。Unshakyによって問題が解消する可能性があるでしょう。

Unshakyの使い方

インストールして起動するとメニューバーに常駐します。そして設定を使って二回入力される際の遅延を指定します。

Unshakyを使うことで連続入力にならないよう、補正をかけることができます。ただし遅延を長く設定してしまうと正しい二回連続入力が認識されなくなる可能性もありますので注意してください。そのため個人のキータイピングの早さなどによって設定を調整する必要があるでしょう。

UnshakyはmacOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Unshaky: An attempt to address the "double key press" issue on Apple's butterfly keyboard

aahung/Unshaky: An attempt to address the "double key press" issue on Apple's butterfly keyboard

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2