ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ライブラリは単体で成り立つものもあれば、別なライブラリに依存するものもあります。その中にはバージョン依存もあり、多くのライブラリをインストールするとその内バージョン差異によるコンフリクトを起こします。

PythonのVirtualenvはそれを防ぐ良い仕組みです。同様の仕組みをRubyで提供するのがSandboxです。

Sandboxの使い方

インストールすれば

sandbox
コマンドが使えるので、サンドボックス環境を作ります。

$ sandbox myapp

次にこのサンドボックス環境を有効にします。

$ . myapp/bin/activate_sandbox

これでgemコマンドを使ってインストールしたライブラリはサンドボックス内だけで有効になります。

終了する場合は

deactivate_sandbox
コマンドを使います。

Sandboxの使い勝手は Virtualenvのそれと殆ど変わりません。各プロジェクトごとにライブラリを分けられるので、コンフリクトする可能性をなくせます。様々なRubyプロジェクトを使っている方は導入を検討してください。

SandboxはRuby製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

nkryptic/sandbox: Create virtual ruby/rubygems sandboxes.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2