ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

バージョン管理の肝と言えるのが差分表示でしょう。何か誤った更新があっても確認ができて、必要に応じて差し戻すこともできます。多くの場合、上下または左右に並べて比較できるようになっています。

今回はその新しい表示方式としてGit Historyを紹介します。ビジュアル的に優れた格好良い差分ビューワーです。

Git Historyの使い方

Git HistoryはGitHub上のファイルを開いた状態で、github.comをgithub.githistory.xyzにすると差分表示になります(公開されているファイルの場合)。その表示は以下のようになります。

上に出ているコミッターを切り替えると、アニメーションしながらその時のコードになります。

実際に試しているところです。

Git Historyは細かく見比べるときには使いづらいですが、雰囲気としてどれくらい変わったかを把握するには十分です。ある行がどのタイミングで変わったのか、コミットを切り替えながら把握できるでしょう。

Git HistoryはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

pomber/git-history: Quickly browse the history of any GitHub file

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2