ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WebディレクターなどはWebサイトのスクリーンショットを撮る機会が多いかと思います。そんな時、縦長のWebサイトは厄介だったり、デスクトップではなくスマートフォン向けのWebサイトのスクリーンショットを撮りたいなど細かいニーズはたくさんあるでしょう。

そこで使いたいのがScreenshoteerです。コマンドラインから細かく条件を指定してスクリーンショットが撮れます。

Screenshoteerの使い方

まずは普通に取得する場合

screenshoteer  --url https://www.moongift.jp --fullpage false

内部的にはpuppeteerを使っていますので日本語も問題ありません。

フルスクリーンでも撮れます。

screenshoteer  --url https://www.moongift.jp --fullpage true

実際にはかなり大きいので、縮小しています。

iPhone 7を指定した場合。

screenshoteer  --url https://www.moongift.jp --emulate "iPhone 7"

Screenshoteerではこの他、画面サイズや高さの指定、PDF出力、特定のDOM以下だけの取得、認証が使えます。URLはインターネットに限らずローカルファイルを指定することもできます。

Screenshoteerはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

vladocar/screenshoteer: Make website screenshots and mobile emulations from the command line.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2