ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今やシステム開発時においてWeb APIを使わない手はなくなっています。開発を効率化したり、自分たちが持っていない技術もWeb APIを使うことで即座に手に入れることができます。しかし、開発中にもネットワークが必要になったり、負荷テストはしづらいといった欠点もあります。

そこで参考にしたいのがstripe-mockです。決済APIを提供するStripeが開発したモックサーバです。

stripe-mockの使い方

stripe-mockを立てた後はStripeのAPIと同じようにアクセスできます。

$ curl -i http://localhost:12111/v1/charges -H "Authorization: Bearer sk_test_123"
Request: GET /v1/charges
Response: elapsed=3.677ms status=200
HTTP/1.1 200 OK
Request-Id: req_123
Stripe-Mock-Version: master
Date: Mon, 13 Aug 2018 12:23:02 GMT
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
Transfer-Encoding: chunked

{
  "data": [
    {
      "amount": 100,
      "amount_refunded": 0,
      "application": null,
      "application_fee": null,
      "balance_transaction": "txn_1CuhR0KF7bt86x7ql6wVnTym",
      "captured": false,
      "created": 1234567890,
      "currency": "usd",
      "customer": null,
    }
    :
  ]
}

返ってくるデータはデモデータなので、すべての実装ができる訳ではありません。しかし、開発中はstripe-mockを使うことで思わぬアクセスを防止したり、取得されるデータを学ぶこともできるでしょう。何より公式で提供されていることのメリットが大きいでしょう。

stripe-mockはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

stripe/stripe-mock: stripe-mock is a mock HTTP server that responds like the real Stripe API. It can be used instead of Stripe's testmode to make test suites integrating with Stripe faster and less brittle.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2