ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

誰得だと言えば、まさに筆者のためにあるようなソフトウェアなのですが。多くの人がGoogle Chromeをメインブラウザにしていると思いますが、筆者はSafariです。Google Chromeは速いのですが、メモリを食いすぎます。その点、Safariは普段のブラウジングには十分だったりします。

しかし、時にGoogle Chromeで確認したい場合もあり、そんな時に使えるのがOpen-in-Chromeになります。

Open-in-Chromeの使い方

Open-in-Chromeをインストールすると、ツールバーにアイコンが表示されます。これをクリックすると、確認のプロンプトが表示されます。

そしてOKするとSafariで表示しているページをGoogle Chromeで確認できます。

Open-in-ChromeはSafariの機能拡張と、AppleScript製のアプリケーションによって作られています。Safariでブラウジングしつつ、ふとGoogle Chromeで表示を確認したいと言った場合に役立つSafari機能拡張になります。マニアックですが、筆者のような環境の人にはぴったりです。

Open-in-ChromeはAppleScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT)です。

lhagan/Open-in-Chrome: Safari extension that opens the current page in Chrome.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2