ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

地球上のすべての場所(平面上)は緯度と経度によって表されます。日本を示す場所も緯度と経度によって指し示すことができます。日本では海があるので分かりづらいですが、諸外国では地続きで、ほんのちょっと緯度または経度が変わるだけで別な国になったりもします。

そんな面白さを体感できるのがLoc2Countryです。緯度と経度を与えると、それが属する国が返ってきます。

Loc2Countryの使い方

Loc2CountryはWeb API的に使います。

$ telnet 127.0.0.1 3333
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
12,77 
IND, 1964000
35.6585805,139.7454329
JPN, 9000
35.9527861,127.5151889
KOR, 11000
33.6160369,72.9456819
PAK, 10000

緯度と経度をカンマで区切って送ると、その位置情報が入っている国名が返ってきます。厳密さは分かりませんが、遺跡の場所や有名な都市などを指定するとちゃんと返ってきます。旅行好き、地理好きの人にはたまらないソフトウェアです。

Loc2CountryはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

soorajb/loc2country: Lat/lon to country

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2