ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WebAssemblyには未来が感じられます。DOM操作などはできないものの、コンパイルしたコードがWebブラウザ上で動かせるのは魅力的です(しかもWeb標準の技術で!)。しかしまだ開発環境を整えるのは大変なのが現状です。

そこで期待したいのがmini-cです。なんとWebブラウザ上でWebAssemblyを生成します。

mini-cの使い方

mini-cはC言語を使います。左側にエディタ、中央にコンパイルされたWebAssemblyのバイトコード、右側に実行結果が出ます。

コードを修正してコンパイルすると、当たり前ですがバイトコードが変わって、結果も異なります。

mini-cはC言語のコードを読み込んで、JavaScriptでバイナリを出力します。nodeでコンパイルできるのは開発環境の用意が手軽になりそうです。まだ基礎的なことしかできないようですが、今後に期待したいソフトウェアです。

mini-cはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

https://maierfelix.github.io/mini-c/

maierfelix/mini-c: C to WebAssembly compiler

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2