ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

英語のサイトを見ている時に、分からない単語があると都度調べたりしないでしょうか。その手間が嫌になって読むのを止めてしまうことも少なくありません。かといって、自動翻訳はまだ十分とは言えない品質でしょう。

そこで使ってみたいのがRead Rubyです。読み手のレベルに応じて単語の意味をルビとして振ってくれるGoogle Chrome機能拡張です。

Read Rubyの使い方

元々の表示です。

実行しました。多数の単語にルビ(日本語)が表示されています。これで読みやすくなるでしょう。

オプションでレベルを変更できます。自分のレベルに合わせて調整しましょう。

レベルを変更すると日本語が表示される単語の数が増減します。

Read Rubyを使うことで毎回調べる手間もなく、英文が読みやすくなります。また、すべての単語に意味が表示されるのでは逆に邪魔くさいですが、レベルに応じた指定ができるのが便利です。

Read RubyはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Read Ruby - Chrome ウェブストア

drilldripper/read-ruby: Google Chrome Extension: Give "Japanise ruby" to English words

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2