ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubにはリリース機能があります。バイナリファイルはこちらにアップロードすることでリポジトリに入れることによる容量増加を防げます。また、バイナリなどバージョン管理できないものはこちらを使うよう推奨されています。

そんなGitHubのリリース機能をCLIで使いやすくしてくれるのがghrです。

ghrの使い方

ghrはタグとファイルを指定するだけで使えます。複数ファイルに対応しています。

$ ghr v0.1.3 ncmb-ruby-client.gemspec
==> Create a new release
--> Uploading: ncmb-ruby-client.gemspec

ちゃんとアップロードされています。

通常はWebブラウザでリポジトリの画面にいって、リリースページでバイナリファイルを指定するなど手間がかかります。ghrであればコマンドだけでできるのでとても簡単です。プロジェクトの生成物を.gitignoreに入れておいて、ghrでアップロードするというのが良さそうです。

ghrはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

tcnksm/ghr: Upload multiple artifacts to GitHub Release in parallel

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2