ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ソフトウェアを開発していてクリップボードを操作したいと思うケースは意外と多いのではないでしょうか。しかしクリップボードはGUI操作と密接に関わっており、マウス操作を行うことが多いです。

そんな中知っておきたいのがwin32yankです。Rustを使ってWindowsのクリップボードを操作するソフトウェアです。

win32yankの使い方

クリップボードに保存する時には以下のようなコマンドになります。標準出力を -i オプションでクリップボードに入力します。

echo "Hello World!" | win32yank -i

逆に出力するのは -o オプションです。

win32yank -o

これだけでクリップボードの操作ができるのが手軽です。win32yankをパスの通ったところに置いておけば、他のプログラミング言語からシステムコールで操作することもできるでしょう。何よりRustで作られているので、これからRustを学びたい人にとっての学習素材としても良さそうです。

win32yankはRust製のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

equalsraf/win32yank: Windows clipboard tool

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2