ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

コンピュータで作業中に音楽を聴いている方は多いはずです。最近ではスマートフォンを使っている方もいますが、PCに入っている大量の音楽をソースにしている方も多いでしょう。

そんな方に使ってみて欲しいのがAural Playerです。Winampにインスパイアされた音楽プレイヤーです。

Aural Playerの使い方

メイン画面です。かなりシンプルです。

音楽を再生しているところ。上に再生している音楽の情報、中央がチューニング、下に音楽のリストが並んでいます。

設定は音楽を聴きながら調整できます。

対応しているフォーマットはMP3/AAC/AIFF/WAV/CAFとなっています。また、MP3UやM3U8といったプレイリストも使えます。サウンドエフェクトや各種メタデータの表示対応、お気に入りリスト作成などシンプルながらも多彩な機能があります。何より軽量なのが嬉しい点です。

Aural PlayerはmacOS用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

maculateConception/aural-player: Aural Player is a free and open source audio player application for the macOS platform. Inspired by the classic Winamp player for Windows, it is designed to be to-the-point and easy to use.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2