ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

筆者は元々Emacsユーザで、今ではmacOS上ではAtomに乗り換えてしまったのですが、それでもLinux上ではEmacsを使い続けています。そしてEmacsといえばCommon Lispでしょう。Emacsユーザであれば誰しもちょっとしたコードで拡張したり、キーバインドを定義したりするはずです。

そんなCommon Lispをいつでも開発できるようになるのがPortacleです。マルチプラットフォームで動作します。

Portacleの使い方

Portacleを起動したところです。実際のところ、Emacsがベースになっています。

入力補完機能があります。

標準入力の受け取りもできます。

PortacleはEmacsをCommon Lisp実行専用環境としたソフトウェアです。インタプリタを使ってコードを入力し、その場で実行ができます。入力補完などは便利なので、Common Lispの開発時に使ってみると良さそうです。

PortacleはWindows/macOS/Linux用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Portacle - A Portable Common Lisp Development Environment

Shinmera/portacle: A portable common lisp development environment

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2