ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubでリポジトリを管理している時に面倒だと感じるのが、ローカルにあるファイルをWeb上で見たい時にいちいちGitHubのリポジトリをWebブラウザで辿らないといけないということです。ローカルのリポジトリからさくっとジャンプできると便利なはずです。

それを可能にしてくれるのがgit-brwsです。ファイルだけでなく、コミットや差分なども確認できます。

git-brwsの使い方

git-brwsをインストールしたら、後はgit brwsコマンドを叩くだけです。例えばgit brwsだけであれば該当Webサイトが開きます。なお、GitHubだけでなく、BitBucket、GitLab、GitHub Enterpriseにも対応しています。

-uをつけるとURLを表示します。

$ git brws -u
https://github.com/rubycentral/cfp-app

さらに特定のブランチも開けます。

$ git brws -b develop

差分の確認は次のように行います。

$ git brws 60024ab..113079b

git-brwsを使えばローカルのリポジトリから各種リポジトリ管理サービスへジャンプするのが簡単になります。任意のリポジトリで使えますのであらかじめインストールしておくと便利でしょう。

git-brwsはRust製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

rhysd/git-brws: Command line tool to browse a page for repository, file, commit or diff.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2