ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

テックカンファレンスなどでよく見られるのがCFP(Call for Proposal)です。いわゆる登壇者を広く求めるための方法で、自分が話したい内容を登録して、採用されれば登壇が可能になります。

CFPを求める、管理するWebサービスも多数ありますが、今回は自分たちでCFPサービスを立てられるCFP-Appを紹介します。

CFP-Appの使い方

最初にログインします。開発者向けにDeveloperというリンク(認証なし、OAuthトークンの設定も不要)があるのがポイント高いです。

ログインしたらイベントを作ります。

こちらは申込者が見る画面です。ガイドラインを記述します。

そしてエントリー内容を書きます。

こちらは管理側の画面で、申し込み内容を見てコメントしたり、採用の可否を決定します。

CFP-AppはRailsConfやRubyConfでも使われていた実績あるCFPサービスになります。複数人で選定したりすると意外と煩雑になりそうなCFP、CFP-Appで管理してみてはいかがでしょう。

CFP-AppはRuby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

rubycentral/cfp-app: Rails app for managing a conference CFP

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2