ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

動画はみんなで見ると楽しいので、インターネットで離れていてもそんな楽しさが感じられるようにしているのがニコニコ動画です。動画の時間に対してコメントすることで、いつ動画を見ても一緒に見ているかのように楽しめます。

しかし動画によってはリアルタイムに同じ場所を見ていないと困ることもあるでしょう。そこで使えるのがRabbitです。

Rabbitの使い方

Rabbitを使うにはまず一つのブラウザで動画を表示します。

もう一つのブラウザでも動画を表示したら、動画の下にある青いボタンをクリックします。これで再生場所が同期されます。

動画の再生、停止はもちろんのこと、スライダーで動かしても再生場所を追従してくれます。

Rabbitはインターネット越しで同じ動画を楽しんだり、セミナーや授業において動画の再生箇所を統一したい時に使えるのではないでしょうか。

RabbitはElixir製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

marvelm/rabbit-ex

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2