ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ソフトウェアのテストは幾つかの種類がありますが、実際にデモでソフトウェアを操作して行うテストとして有名なのがSeleniumです。当初はWebアプリケーション向けの仕組みでしたが、Appiumによってスマートフォンアプリのテストも行えるようになっています。

さらに今回紹介するのはWiniumです。名前からも分かる通り、Windowsアプリの自動操作テストに使えるSelenium系ソフトウェアです。

Winiumの使い方

Winiumの使い方は次のようになります。こちらはRubyで書いた場合のコードです。

require 'selenium-webdriver'
capabilities = {app: 'c:\windows\system32\notepad.exe'}
driver = Selenium::WebDriver.for(:remote, url: "http://192.168.0.45:9999/", desired_capabilities: capabilities)

Winiumはこんな感じに待ち受けになります。

上記のコードを実行するとノートパッドアプリが立ち上がります。さらに例えばPythonでは次のようにコードが書けます。

win = self.driver.find_element_by_id('WpfTestApplicationMainWindow')
win.find_element_by_id('SetTextButton').click()
assert 'CARAMBA' == self.driver.find_element_by_id('MyTextBox').text

WiniumはWindowsのデスクトップアプリ(WinForms、WPFに対応)の他、ストアアプリ(8.1に対応)、Windows Phoneにも対応しています。Winiumを使うことでWindowsプラットフォームのアプリケーションもテストできるようになるでしょう。

WiniumはWindows用、Mozilla Public Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

2gis/Winium

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2