ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサービスの種類によってはユーザにコンテンツを作成してもらうタイプのものがあります。最近ではMarkdown記法で書かせることが多いようですが、それも記法に慣れた人向けでしょう。初心者はHTMLも分からないものです。

そんな中使えるのはWYSIWYGなエディタです。HTMLをインラインで修正できるSubstanceはとても便利そうです。

Substanceの使い方

Substanceを適用しているページです。普通のWebページのように見えますが編集できます。

選択して見出しにしました。

太字にすることもできます。

リンクを追加する場合。

メニューを使って文字の種類を変更できます。

Substanceの特徴としてはHTMLやXMLのインポートができること、サーバ/クライアントサイドの両方に対応しているということが挙げられます。ぱっと見、そのままWebページとして見られるのは良いですね。

SubstanceはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Substance

substance/substance

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2