ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Evernoteは時々使っているのですが、Webクライアントもデスクトップ用クライアントも重たくて使っていません。また、文章を書いたりする際には普段使い慣れたエディタのが楽という方は多いでしょう。

とはいえデータは一元管理したいと言う筆者と同じような方にお勧めなのがtoEverです。コマンドラインからEvernoteにファイルをアップロードできるCLIツールです。

toEverの使い方

インストールはpipやHomebrewで行えます。

$ sudo pip install toever
または
$ brew install ngc224/toever/toever

まず最初に設定を行います。

$ toever --config

この際、EvernoteのAPIトークンを取得する必要があります。

使い方はtoeverの後にファイルのパスを渡すだけです。

$ toever aaa.txt
$ toever aaa.txt bbb.jpg ccc.zip
$ toever photo1.jpg photo2.jpg --notebook 'photo'

ファイルではなく標準出力を渡すこともできます。

$ cat /etc/nginx/nginx.conf | toever --tags nginx,config --notebook linux
$ toever -t 'localhost hosts file' < /etc/hosts
$ tail -f /var/log/access_log | toever

--tagsでタグ、--notebookでノートブックを指定することもできます。--shareをつけると共有できるURLが生成されます。

toEverは処理結果などをEvernoteにアップロードして共有するようなシステム連携を考えた時にとても便利に使えるのではないかと思います。アップロードすると次のように表示されます。

その結果はEvernoteのサイトで確認できます。

Evernoteをよく使っている、オフラインで書いたファイルもEvenote上にアップロードしたいという方は使ってみてはいかがでしょう。

toEverはPython製、GPL v3のオープンソース・ソフトウェアです。

ngc224/toever

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2