ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラマーのパフォーマンスを測る一番のツールはバージョン管理のリポジトリを見ることです。コード量を増やせばいいわけではありませんが、日々のコーディング結果が反映されるのは間違いなくリポジトリです。

そこで使ってみたいのがGipedaです。GitHubに限らず、そのコミット歴などを可視化してくれるツールになります。

Gipedaの使い方

Gipedaは静的なHTMLファイルを生成します。

コミット一覧をクリックすると、変更したファイルの内容が分かります。

コミット履歴のグラフ化もできます。

Gipedaはローカルで使えますのでGitHub以外はもちろん、オフラインでも使えるのが利点になります。また、静的なファイルを生成するので任意のサイトにホスティングすることができます。

GipedaはPerl製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Gipeda itself – Gipeda

nomeata/gipeda

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2