ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

これまで入力インタフェースと言えばキーボードまたはマウスが中心でした。しかしスマートフォンやタブレットに注目が集まるようになると、もっと別な入力が望まれるようになります。その一つが音声ではないでしょうか。

既にSiriをはじめAndroid、iOSで音声入力が取り入れられはじめています。今回はWebだけで音声解析を行うライブラリ、JuliusJSを紹介します。

JuliusJSの使い方

こちらはデモです。最初にマイクへのアクセスを許可する必要があります。
こちらはデモです。最初にマイクへのアクセスを許可する必要があります。

認識された音声がテキストで表示されます。デモということもあってボキャブラリーは限定的です。
認識された音声がテキストで表示されます。デモということもあってボキャブラリーは限定的です。

コンソールでもその結果を確認できます。
コンソールでもその結果を確認できます。

さて実際マイクに向かって発声したところとしては認識はまだまだ甘いのかも知れないといった雰囲気です。ただし筆者の発音に問題がある可能性はたぶんにあります。ボキャブラリーを増やせば、解析結果は向上するかも知れませんし、汎用的でなくいくつかの文字だけ聞き取れれば良いのであれば利用は十分できるかも知れません。

JuliusJSはJavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Demo of JuliusJS

zzmp/juliusjs

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2