ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

会社で面倒な作業の一つに経費精算があります。立て替えで払うのも面倒なのに、月末で締めて一覧を作る必要があります。面倒で煩雑だからこそ、誰も出したがらなくなるはずです。

そこで多少なりとも楽しめるようにしたのがseisanです。YAMLフォーマットで記録しておき、コンバートして経費精算書を出力できるソフトウェアです。

seisanの使い方

対象になるファイルは以下のように記述します。dataディレクト以下に作成します。

$ cat data/2013/07/20130704-sato.yaml 
applicant: 佐藤

expense:
 - date: 2013-07-03
   amount: 105
   remarks: 電池代

 - date: 2013-07-04
   amount: 2080
   remarks: JR代

後はrakeコマンドを実行すると、Excelの経費精算書を出力します。

$ bundle exec rake seisan TARGET=2013/07
fatal: Not a git repository (or any of the parent directories): .git
Processing 2013/07 ...
Loaded 2 files
Processed 4 expenses
Wrote to output/2013-07.xlsx

開いたところ。このような経費精算書になります。
開いたところ。このような経費精算書になります。

seisanを使えば入力は普段使い慣れているYAMLファイルで、Excelへの転記はシステムで自動化できます。面倒くさい業務もツールを使うことでぐっと敷居が下がるのではないでしょうか。

seisanはRuby製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

enishitech/seisan

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2