ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

日本語入力メソッド、いわゆるIMEは何を使っていますか。ことえりやWindowsのデフォルトIMEを使っている方も多いでしょう。筆者はATOKを使っています。他にもGoogle日本語入力をお使いの方もいるでしょう。

しかしEmacs派であれば忘れてはいけないIMEがあります。それがSKKです。SKKのキーバインドに慣れた方であれば、CorvusSKKを使ってWindows全体のIMEをSKKライクにしてはいかがでしょう。

CorvusSKKの使い方

設定画面です。IMEのツールバーから呼び出します。
設定画面です。IMEのツールバーから呼び出します。

辞書サーバも提供されています。この辞書サーバからGoogle日本語入力を呼び出すことも可能です。
辞書サーバも提供されています。この辞書サーバからGoogle日本語入力を呼び出すことも可能です。

筆者は久々なSKK。頭の中であらかじめ漢字を含めた文章を組み立てられる方にはとてもいいと思います。
筆者は久々なSKK。頭の中であらかじめ漢字を含めた文章を組み立てられる方にはとてもいいと思います。

ATOKなどは長文を一発変換してもちゃんとした結果を返してくれるので便利なのですが、ことえりなどは誤変換があまりにも多いので短い文章で変換を繰り返すかと思います。であれば、SKKのようにここから漢字に変換して欲しいといった具合に指定するIMEのがストレスなく入力できるのではないでしょうか。

独自の辞書を用意して使うことも、Google日本語入力を使うことで最近のワードにもいち早く対応した入力ができるようになります。キーバインドは多少慣れが必要ですが、ぜひ一度お試しください。

CorvusSKKはWindows用、Microsoft Public Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

corvus-skk - SKK-like Japanese Input Method for Windows - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2