ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iOS8で注目を集めている新機能の一つがカスタムキーボードです。個人的にはATOKが登場した瞬間に購入した口で、他にもこれまでにないキーボードが登場してくれるのを心待ちにしています。

今回はその一つ、オープンソース・ソフトウェアのJapaneseKeyboardKitを紹介します。Google日本語入力のオープンソース実装、Mozcをベースにしています。

JapaneseKeyboardKitの使い方

設定の中にJapaneseKeyboardKitが追加されます。なお実機でのみ動作します。
設定の中にJapaneseKeyboardKitが追加されます。なお実機でのみ動作します。

登録しました。
登録しました。

こちらが入力画面。候補とその変換結果が上に小さく表示されます。
こちらが入力画面。候補とその変換結果が上に小さく表示されます。

インラインで入力はできませんが、入力した文字が小さく確認できるのが良いですね。
インラインで入力はできませんが、入力した文字が小さく確認できるのが良いですね。

JapaneseKeyboardKitはMozcがベースになっているだけあって、入力精度は十分なレベルだと思います。インライン入力ができない問題に対して小さな文字を表示することである程度確認しやすくなっているのもいい感じです。

JapaneseKeyboardKitはiOS用のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。

kishikawakatsumi/JapaneseKeyboardKit

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2