ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

オープンソースの日本語フォントは選択肢がとても少ないです。Webシステムと組み合わせたり、Web Fontとして安心して使える日本語フォントがあれば、Web上での表現も向上するでしょう。

そこでGoogleとAdobeが協力して開発されたフォントがNoto Fontsです。英語だけでなく、アラビア語や日本語、韓国語、中国語もサポートされたフォントになります。

Google Noto Fontsの使い方

幾つかのフォントデザインを見ていきます。

ボールド。底や冷といった文字が特徴的ですね。
ボールド。底や冷といった文字が特徴的ですね。

ライト。細くてもしっかりとした可読性を維持しています。
ライト。細くてもしっかりとした可読性を維持しています。

バンバラ語?
バンバラ語?

点字。
点字。

タグバンワ語。
タグバンワ語。

Noto Fontsのコンセプトは美しく、かつフリーなフォントを全ての言語にとなっています。それに恥じない美しさ、読みやすさをもったフォントだと思います。Webシステムと連携して文字を出力したり、Linuxなどで使うと良さそうです。

Noto FontsはApache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

Google Noto Fonts

noto - Fonts that support all languages/characters in Unicode - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2