ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

会社やプライベートでチャットアプリは何を使っていますか。あまりにも選択肢が多くなってしまったため、却ってどれを選んだら良いのか悩んでしまうかも知れません。さらにニーズに合わせてカスタマイズしたいという場合もあるでしょう。

そこで世界的にも有名なHipChatのクローンというコンセプトのチャットアプリKandanを紹介します。シンプルな機能だけを提供していますので足りない機能は自分で開発もできそうです。

Kandanの使い方

こちらがチャット画面です。左側に参会者、メディアのアップロード機能があります。
こちらがチャット画面です。左側に参会者、メディアのアップロード機能があります。

上にはチャットルームが並んでいて、部屋を切り替えられます。
上にはチャットルームが並んでいて、部屋を切り替えられます。

画像をアップロードして貼付けることができます。
画像をアップロードして貼付けることができます。

絵文字をサポートしていて、入力補完もしてくれます。
絵文字をサポートしていて、入力補完もしてくれます。

社内や自前で立てれば部署やチームの情報交換に使えるでしょう。また、デプロイ先としてHerokuも対象になっています。ごく基本的なチャット機能しか備わっていませんので、カスタマイズして自分好みに仕上げていくのが面白そうです。

KandanはRuby/Ruby on Rails製のオープンソース・ソフトウェア(GNU Affero General Public License)です。

KandanApp

Kandan

kandanapp/kandan

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2