ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

頻繁に訪れるWebサイトによって何度も同じ情報を目にすることがあります。そういった情報は消したいと思ったりするでしょう。ユーザスクリプトを使う手もありますが、JavaScriptを書くのはちょっと面倒です。

そこで使ってみたいのがFoxReplaceです。あらかじめ置換リストを作っておくことで、Webページ上の文字を置換してくれるFirefoxアドオンです。

FoxReplaceの使い方

インストールするとコンテクストメニューが追加されます。
インストールするとコンテクストメニューが追加されます。

オプションです。ここから設定を追加します。
オプションです。ここから設定を追加します。

置換設定を行うURLを指定します。
置換設定を行うURLを指定します。

置換条件の設定です。
置換条件の設定です。

デモ。FoxReplaceをFoxReplace2としてみました。自動反映もできます。
デモ。FoxReplaceをFoxReplace2としてみました。自動反映もできます。

スタイルシートやJavaScriptで特定の要素を消してしまうのではなく、あくまでも文字の置換なので簡易的なユーザスクリプトと言えるかもしれません。なお現時点では一部置換はできないようです。

FoxReplaceはFirefox用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

FoxReplace :: Add-ons for Firefox

foxreplace - Replace text in webpages - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2