ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Unix/Linuxシステムで自動処理を行うためのCronはシステム開発を行っていると大抵使っているかと思いますが、その管理となると意外と煩雑になりがちです。ユーザ毎に管理したりしていれば、どのスクリプトがどのタイミングで動いているか、ちゃんと把握されていなかったりします。

そこでCronを管理するためのソフトウェア、minicronの登場です。リモートサーバを含めたCronを一元管理できるソフトウェアです。

minicronの使い方

トップページです。まずはホストを登録します。
トップページです。まずはホストを登録します。

ホストを登録すると公開鍵が生成されますので、これをリモートサーバに登録します。
ホストを登録すると公開鍵が生成されますので、これをリモートサーバに登録します。

次にジョブを登録します。
次にジョブを登録します。

最後にスケジュールを登録します。これで準備は完了です。
最後にスケジュールを登録します。これで準備は完了です。

例えばこんな感じで実行状態を管理できるようになります。
例えばこんな感じで実行状態を管理できるようになります。

minicronは二つのコンポーネントに分かれていて、一つはCLI、もう一つはHubとなっています。CLIはCronジョブをモニタリングし、その実行結果をHubに送る役割があります。それによってWebインタフェースから実行状態を監視できるようになっています。

minicronはRuby製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

jamesrwhite/minicron

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2