ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はシンプルなゲームが流行っています。2048もその一つです。そしてそのシンプルなコンセプトゆえに色々な類似作品が出来上がっています。コンセプトを真似したもの、利用技術を変えたものなどやり方は様々です。

-2048もその一つです。2048をやり込んだ方もそうでない方も一度トライしてみてはいかがでしょうか。

-2048の使い方

-2048はその名の通り、数字にマイナスの要素が入った2048です。

こんな感じでマイナスの数字があります。
こんな感じでマイナスの数字があります。

絶対値が同じ数字は加算されます。そのため2と-2がくっつくと0というパネルが生成されるといった具合です。

道半ばで終了。
道半ばで終了。

実際プレイしてみた感じでは、本家の2048よりも簡単かなと言った印象です。余計なところに出現した数字もマイナスを当てることで相殺できます。そのため意外とあまり考えなくとも得点を稼げるようです。やはり本家は考えられた作りになっているようです。

とは言え2048は十分やった気がしていたので-2048はちょっと新鮮で面白いです。ぜひプレイしてみてください。

-2048はHTML5/JavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

-2048

LegoMaster616/-2048

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2