ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

いつも立ち上げておくと便利そうです。

GUIのOSと言えばウィンドウシステムですが、マウスで自由に大きさを変更できる分、ちょっとした大きさのずれが気になったりすることがあります。スクリーンショットを撮ってヘルプを作ったりする際にはウィンドウの大きさを合わせたいと思うはずです。

それを含めてウィンドウ操作を自由に行えるのがSmartSystemMenuです。透明度の設定もできるので普段使いにも良さそうですよ。

SmartSystemMenuの使い方

SmartSystemMenuはシステムトレイに常駐します。
SmartSystemMenuはシステムトレイに常駐します。

そうすると各ウィンドウのメニューに項目が追加されます。
そうすると各ウィンドウのメニューに項目が追加されます。

SmartSystemMenuでは以下のメニューが追加されます。

  • 情報:ウィンドウのプロセスやハンドル、キャプション、スタイルなどの情報が確認できます。

  • 常に最前面に固定。

  • リサイズ。ウィンドウのサイズを変更します。

  • 表示場所。右上、左下などウィンドウの配置をデスクトップ全体からの位置でスナップします。

  • 透明度。ウィンドウを透過します。

  • プライオリティ。実行優先度を変更します。

  • システムトレイ。ウィンドウをシステムトレイに入れます。

ウィンドウ情報。
ウィンドウ情報。

透明度を指定した場合。
透明度を指定した場合。

透明度を指定すれば、メモ書きを見ながら文章を書くこともできます。表示場所のスナップを使えばぴったりと寄せたウィンドウ表示ができるようになります。システムトレイに常駐するので普段から起動しておくと便利そうです。

SmartSystemMenuはWindows用、Microsoft Public Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

SmartSystemMenu - Home

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2