ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

自社でDNSサーバを管理する際にその選択肢としてはBINDまたはPowerDNSなどが考えられます(他にも幾つもありますが)。PowerDNSはMySQLやPostgreSQL、OraleやLDAPなどと組み合わせて使えるのが魅力です。

そんなPowerDNSを管理するフロントエンドがPowerDNS GUIです。Webベースで使えるので任意のブラウザから管理出来ます。

PowerDNS GUIの使い方

トップページです。左側にドメインが一覧になっています。
トップページです。左側にドメインが一覧になっています。

レコードを追加できます。
レコードを追加できます。

ドメインの追加も可能です。
ドメインの追加も可能です。

テンプレート機能もあります。
テンプレート機能もあります。

設定できるレコードタイプ。
設定できるレコードタイプ。

検索と置換にも対応しています。
検索と置換にも対応しています。

操作履歴もあります。
操作履歴もあります。

レコードタイプのヘルプ。これは便利そうです。
レコードタイプのヘルプ。これは便利そうです。

PowerDNS GUIがあれば普段の運用時のドメイン設定においては十分ではないでしょうか。サーバにログインしたりしない分、不用意にアカウントを作成したりしないので安心して運用できます。履歴機能もあるので社内運用にぴったりでしょう。

PowerDNS GUIはPHP製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

PowerDNS GUI

pdns-gui - PowerDNS GUI - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2