ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スマートフォンが隆盛になるのに合わせてWebサイトでQRコードを表示しておくケースが増えてきました。フューチャーフォンの時には雑誌やリアルの媒体にQRコードを付けておく場合が多かったように思います。ネットと親和性の高いスマートフォンならではです。

そこで手元にQRコードを読めるスマートフォンがあれば良いですが、いつもPCの画面に掲げて読み取るのは面倒です。そこで使ってみたいのがGoogle Chromeで使えるQRコードリーダー、QRデコーダーです。

使い方

まずはインストールです。公式サイトからダウンロードしたCRXファイルを機能拡張にドロップします。

そうすると確認ダイアログが出ますので、追加ボタンをクリックします。
そうすると確認ダイアログが出ますので、追加ボタンをクリックします。

インストールが終わったら後は任意のサイトでQRコードを右クリックすると、デコードする!という項目が追加されるようになります。

これを選択すると、デコードができればその結果がデスクトップ通知を使って表示されます。
これを選択すると、デコードができればその結果がデスクトップ通知を使って表示されます。

後はこの文字をコピーすれば良いだけです。
後はこの文字をコピーすれば良いだけです。


画像として解析しているのであまりにも細かく、小さいQRコードでも読み取れるのが利点と言えます。自社サイトでQRコードを自動生成している場合にちゃんと読み取れるか確認したり、スマートフォン向けの情報を読み取るのに使えるでしょう。

QRデコーダーはJavaScriptでQRコードをデコードするライブラリJPQRLibのGoogle Chrome版とするソフトウェアです。画像はCanvasに読み込んだ上で解析しているとのことです。

QRデコーダーはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(LGPL)です。

jpqr-chrome-extention - QR-Code Decoding chrome extention - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2