ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

これでWebのUIテストが容易になりそうです。

WebアプリケーションのUI上のテストをするというのは大変です。そこでよく使われるのが操作を記録し、再現することでテストコードの大枠を生成してしまうという方法です。Seleniumでもそういった手法がよく使われています。

PhantomJSを使ったCasperJSというテストユーティリティがありますが、そのCasperJS向けのテストコードを生成してくれるのがResurrectoiです。

ResurrectoiはGoogle Chrome機能拡張としてインストールしますので、テストコードの作成が手軽です。

インストールするとアイコンが表示されますので、それをクリックします。

Resurrectioを起動。現在表示しているURLが入った状態で開始します。Goボタンを押します。
Resurrectioを起動。現在表示しているURLが入った状態で開始します。Goボタンを押します。

レコーディングが開始しました。あとはテストとしてWebブラウザを操作していきます。
レコーディングが開始しました。あとはテストとしてWebブラウザを操作していきます。

テストコードが生成されました。これをCasperJSに当てはめれば、そのまま操作が実行されます。
テストコードが生成されました。これをCasperJSに当てはめれば、そのまま操作が実行されます。

Resurrectioを使えばCasperJS向けのテストコードが実際の操作を通じて容易に作成できます。基本的に正常系の操作になると思いますので、コードをカスタマイズしてエラーが起こった場合などに対応させていくのが良いでしょう。

ResurrectioはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

Chrome ウェブストア - Resurrectio

ebrehault/resurrectio

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2