ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webページでは同じパスワードを使い回さないのが基本です。ではサーバではどうでしょうか。サーバへのログインは公開鍵で良いとして、その後別なユーザになったりする際にパスワードを使っていないでしょうか。ちゃんと必要最低限に設定されたsudoを使っているケースは多くないように思います。

そこで使ってみたいのがsudolikeabossです。iTerm2上で1Passwordを使えるようにするソフトウェアです。

sudolikeabossの使い方

最初に設定を行います。これはキーボードショートカットの入力設定です。

そしてパスワードを設定します。

キーボードショートカットを押すと、1Passwordの入力項目が表示されます。

後は項目から選択するだけでパスワードが入力されます。これであればパスワードに十分長くて誰も知らないものを設定も安心です。パスワードを覚えていなければ漏洩するリスクは減らせます。使い回す必要もないでしょう。

sudolikeabossはmacOS/iTerm用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ravenac95/sudolikeaboss: Get 1password access from iterm2

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2