ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

印象的なひょうたん風の図形と、幾ら拡大しても幾何学的図形が繰り返されていくフラクタル画像。ついついズームを繰り返していって、いつか終わるが来るのではないかと見入ってしまう魅力があります。

そんなフラクタル画像をWeb上で実現してくれるのがFractalJSです。多くのパターンがありますのでぜひ色々試してみてください。

FractalJSの使い方

フラクタル画像と言えばこれですよね。

拡大していくと、徐々に綺麗な幾何学模様になっていきます。

すごく綺麗ですね。

他にもこんな図形もあります。

マンデルブロが複数合わさったMultibrot。

タツノオトシゴのような蛇のような図形。

フェニックス。色を変えることもできます。

細部まできめ細かくて格好良いです。

FractalJSはCanvas上にフラクタル画像を描きます。ズームした時点では粗いですが、計算処理が行われて徐々に細かく描画されていきます。原理上は無限にズームできるのですが、FractalJSでは一定のところでズームが停止します。

FractalJSはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

FractalJS

solendil/FractalJS - JavaScript

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • MOONGIFTプレミアム
  • Mobile Touch