ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

3Dゲームを一から作るのはとても大変です。何らかのフレームワークを利用するのが良いでしょう。スマートフォンアプリなどであればUnityやUnreal Engineといった選択肢があります。

Web用の3DライブラリとしてはThree.jsが知られていますが、それをゲームエンジンとして活用しているのがTaroです。

Taroの使い方

デモです。オブジェクト同士の衝突が検出されています。

ドローン。

YouTube動画を埋め込んでいます。向きも変えられます。

サイコロを転がすデモ。

TaroはThree.jsの他、cannon-esも利用しています。エンティティをコンポーネントで管理しており、JavaScriptから容易に拡張できます。サウンドやマウス操作などはTaroによってデフォルトでサポートされています。キャラクターを使うようなゲームではなく、ボールや壁などを使ったゲームに向いていそうです。

TaroはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Taro Examples

Cloud9c/taro: A lightweight 3D game engine for the web.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2