ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

開発に差分表示はつきものです。コードであれば通常のdiffで問題ありませんが、バイナリになると話が違います。ファイルフォーマットに合わせて最適な差分表示ツールを選ぶ必要があります。

しかしテキストの中でも最適なツールを選んだ方が良いケースは良くあります。そんな時にはGraphtageを使ってみましょう。

Graphtageの使い方

JSONの差分をHTML出力した例です。

標準出力の場合。

Graphtageが対応しているのはJSONやJSONS、XML、HTML、YAMLそしてCSVとなっています。JSONやXML、HTMLは改行をなくしても同じ内容になるので、Graphtageが活躍することでしょう。

GraphtageはPython製のオープンソース・ソフトウェア(LGPL)です。

GitHub - trailofbits/graphtage: A semantic diff utility and library for tree-like files such as JSON, JSON5, XML, HTML, YAML, and CSV.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2